2019年1月以来の更新ですが、再開します!

スポンサーリンク

こんにちは。1月16日にブログを更新してからサボっていました。

書きたいネタは結構ストックしているのですが、1月から3月末までの出来事をざっとまとめてみて、その後平常運転に戻りたいと思います。

大学院を修了しました

2017年4月に入学した大学院をなんとか修了いたしました!

修士論文は2018年の秋頃は楽勝でしょ、と思っていましたが、11月中旬頃に論文の構成に指導教員からダメ出しがあり、顔が青くなりました。

その後、論文で頭がいっぱいになってブログもサボり、ストレスのせいなのか暴飲

暴食気味となりながらもなんとか論文を書き終えることができました。

論文の発表会を経て無事に修了することができました。これでウサヘンも修士です!

上海に戻りました

元々上海に住んでいて、逆留学のような形で単身日本に住んでいた2年間でしたが、大学院が終わったので上海に戻りました。

言葉も通じるし生活の問題もないかわりに周囲に気を使ったり人の顔色を伺う必要がある日本と、雑で腹が立つこともあるけれどその分楽に暮らせる上海、とどちらもいい所も悪い所もあるんですが、この2年間で家族に迷惑をかけた分、貢献しないといけないなと思います。

上海の大学に入りました

これは成り行きなんですが、日本で通った大学の提携している大学が上海にあり、そこに通わせてもらうことになりました。

上海の大学でもMBA課程に通います、というか通い始めて1か月です。

我ながら何を目指しているんだ、という気もしますが、どっちみち日本の会社にいい待遇で雇ってもらえるような履歴書ではないし、現地採用で薄給でこき使われるのも馬鹿バカしい

とりあえず食うための仕事はライターとしてどこにいても稼げるし、ということで普通じゃない、特殊な経験を選ぶことになりました。

というわけであと1年半は学生ということになりました。

日本では社会人向けのMBAスクールでしたが、こっちではフルタイムのMBA課程なので、フツーに毎日大学に通ってますよ。

中国の大学に通ってみたい、という人もいるかもしれないのでこの辺の記事も書いてみようかと思っています。

ライター業と大学院生をとりあえず兼任します

2年前に日本に戻った時は無職だったのですが、ライターの仕事でほどほどの収入は得られるようになったので、上海でも大学院生の間はライターで収入を得ていくつもりです。

大学院の講義の後に時間があれば図書館とかで仕事ができるのもいいし、勉強と仕事の量を自分でコントロールできるのがいいですよね。

 

とまあ、再開にあたってこの2か月間の出来事をざっくり書くとこんな感じですが、もちろん細かく書いたらもっと色々あるんですよ。

というわけで今後は中国・上海からブログをお届けしますよ!