北海道情報大学通信教育部はスクーリングなしで教員免許も取得可能!

スポンサーリンク

産業能率大学通信課程を卒業したウサヘンです。

スクーリングなしで卒業まで行ける大学が増えてきていますが、今回は北海道情報大学・通信教育部についての情報です。

北海道情報大学はスクーリングなしでOK!でも試験は会場で!

北海道情報大学では卒業要件としてスクーリング単位を30単位以上取得する必要があります。

しかしインターネットを介して受けた授業をスクーリング単位として認定してもらえますので、一度もスクーリングに通うことなく卒業することができます。

しかし、注意点として科目習得試験はインターネットで受けられる科目もあるのですが、会場に出向いて筆記試験を受けなくてはならないものもあります。

そのため完全にネットのみで卒業、というわけにはいかず、試験は会場で、と思っておいてください。

北海道情報大学通信教育部(経営情報学部)の資料請求はこちらから

北海道情報大学には2つの学科がある

学科は経営ネットワーク学科、システム情報学科の2つです。

それぞれの内容について見ていきましょう。

経営ネットワーク学科

経営ネットワーク学科ではインターネットを活用した新しいビジネス構築やネットワークの理解及び創造、ネットワークによる海外進出のためのコミュニケーションスキルの養成といったあたりに重点が置かれています。

ITに強いビジネスマン、経営人材の育成といったところでしょうか。

システム情報学科

システム情報学科ではビジネスの仕組みを理解し、経営的な視点を持ち合わせた技術者の育成がメインのようです。

経営に関する基礎的な理解を得つつ、IT方面での専門的な知識やスキルを身に着けるという感じですね。

教職課程では教員免許の取得も可能!

また、教職課程を履修すると「情報、商業、数学」の高等学校教諭1種免許状、「数学」の中学校教諭1種免許状を取得することが可能です。

必修科目がない

通常、通信課程限らず大学では必修科目があり、興味がない分野でも単位を取得しなくてはならないのですが、北海道情報大学通信教育部では必修科目がありません

そのため、自分の興味のある分野、学びたい科目だけで卒業に必要な単位を取得することができます。

興味がない科目を勉強するのは割と苦痛なので、これはとてもいい制度だと思います。

北海道情報大学通信教育部(経営情報学部)の資料請求はこちらから

卒業までの予算は100万円前後

北海道情報大学通信教育部の気になる予算ですが、全くのゼロから入学して卒業要件となる124単位を取得したとして、合計で100万円が目安と公式ウェブサイトに掲載されています。

卒業に必要な124単位中、スクーリングかネットを使ったメディア授業で合計30単位を取得する必要がありますが、スクーリング、メディア授業の受講には追加料金が必要です。

f:id:usaohendrix:20180821160839j:plain

 

  • スクーリング1科目(2単位)・・・10,000円(講義科目)
                    20,000円(実習演習科目)
  • メディア授業1科目(2単位)・・・15,000円(講義科目)
                    30,000円(実習演習科目)

ウサヘンの卒業した産業能率大学の場合、4年間の総費用は76万円なのでそれと比較するとちょっと高いかもしれませんが、社会人の方であれば払えない金額ではないですよね。

 

この記事を読んでいる人はメディア授業をたくさん受講することになると思いますが、
どのような感じか、事前に体験できるようになっていますので、下記からメディア授業を試してみてください。

北海道情報大学 通信教育部 無限大キャンパス

ITに強い科目が魅力、費用も安めでいいのでは?

先日紹介したサイバー大学と北海道情報大学はカリキュラムの方向性が似ている感じですが、費用でいえば北海道情報大学の方が安くあがりますね。

 

www.letitrock.info

 

また、シラバスを見た感じではかなり専門性の高い科目も多く、IT系全般をきちんと勉強するつもりであればねらい目なんじゃないかと思います。

ネックといえば科目試験ですが、全国17か所で行われますのでそんなに苦にはならないのでは?

半年に1回くらい、時間は作れると思いますよ。

また、教員免許を取りたいという人も北海道情報大学が選択肢に入ってくると思います。

詳しい情報は下記から資料を請求して確認してみてくださいね。