モバイルバッテリーと充電器が1つに!Anker Fusion5000がとてもいい!

スポンサーリンク

旅行大好き!ウサヘンです。

旅行に充電器を何個も持っていくのが嫌!

旅行の荷物は出来るだけシンプルに、少なくしたいところですが、結構煩わしいのが充電器関係です。

ざっと考えただけでこれくらいありました。

  • ウサヘンのiPhoneの充電器
  • ウサヘン娘のiPadの充電器
  • ウサヘン嫁のiPhoneの充電器
  • ワイヤレスイヤホンの充電器/Kindleの充電器

これに加えてそれぞれのケーブルも持っていくんですが、超めんどくさい!

全部を同時に充電することはないかな、と出発前は思うんですが、なんだかんだで寝ている間に全部一気に充電することになるので、やはりモバイル機器の数だけ充電器がいります

モバイルバッテリーも充電しないといけない!

さらに、モバイルバッテリーも持っていきますよね。

旅先で写真撮ったり動画撮ったりしているとiPhoneのバッテリーはすぐになくなっちゃいます。

そうなると、モバイルバッテリーもフル充電状態にしておきたいもの。

ということは、

  • モバイルバッテリー用の充電器

まで必要になる!

なんだかモバイルバッテリーと充電器がゲシュタルト崩壊してきました。

ホテルの部屋にはそんなにコンセントの穴がないという事実

仮に上記5台の充電器を持って行ったとします。

でも、ホテルの部屋ってそんなにコンセントの穴がないですよね?

バスルームを入れたとしてせいぜい4つ、普通は3つあったら良い方じゃないですか?

要するに、この状況を解決するためには複数台のモバイル機器を充電することができる充電器が必要になるということです。

充電器であり、モバイルバッテリーでもある、そんなのは・・・あった!

色々探してみると複数のUSBポートを備えた急速充電器は色々なメーカーから出ていることが分かりました。

4ポートある製品だったりすればケーブルは必要だけどコンセントの穴が一つあれば一気に全ての機器を充電できますよね。

そういえば、ウサヘンの使用していたモバイルバッテリーが充電できなくなってたからモバイルバッテリーも買おうかな…

ん?もしかすると充電器かつモバイルバッテリー、みたいな製品があるんじゃない?

ありました!

これです!

Anker Powercore Fusion5000!

 先日AnkerのBluetoothイヤホンを購入したばかりでAnkerの回し者のようですが、いい製品が多いから仕方がないですね。

メリットはこんな感じ

  1. 充電器としてUSB×2を備えているので複数の充電器を持ち歩く必要がない
  2. モバイルバッテリーとしても使用可能
  3. サイズが小さいので場所を取らない(名刺位の大きさ)
  4. 急速充電が可能
  5. 安い。Amazonで2,599円!
  6. 折り畳み式のプラグで直接コンセントに差せる

デメリットを一応挙げておくとこんな感じ

  1. バッテリー容量が5000mAhで、携帯を1回半位しか充電できない

デメリットらしいデメリットはこれくらいですが、ウサヘンが以前使ってた小米のモバイルバッテリーは容量がこの4倍の20,000mAhでしたが、充電を忘れていてフル充電していないということも良くあったんですよね。

その点、このAnker PowerCore Fusion5000は充電アダプターとして使用し、接続している機器の充電が完了するとFusion5000側の充電が始まる、という仕様のため、モバイルバッテリーの充電がない、ということは発生しなくなるはずです。

スペックよりも使いやすさで上だと判断し、購入しました。

 

 実際購入したところ、こんな感じです。

189gと軽量かつ小型で持ち歩くのに重さが気になりません。
名刺位の大きさだと思ってもらえばいいと思います。

f:id:usaohendrix:20180813182512j:plain

出かける時にコレ1個とケーブルを数本カバンに放り込むだけでいい、というところが最高に楽です。

Anker PowerCore Fusion5000を買うべき人は?

ずばり、出張の多いサラリーマンの人!

充電可能なUSB-Cのケーブルを購入すればMacbook等のUSB-Cで充電するPCにも使用可能のようですし、コレ1台でいざという時に電源が確保できない、ということがありがちな出張ビジネスマンこそがこの製品の真価を理解できるのではないでしょうか?

旅行の時に充電が切れた、みたいなことがあっても問題にはなりませんが、仕事の最中に充電が切れた、というのは可能な限り避けたいけれど、実際のところハラハラしたことがある人は少なくないはず。

記事を読んでなるほどな、と思った人はぜひ購入してみてください。