Hostgatorで無料のSSL証明書を使ってサイトをHTTPS化する方法

スポンサーリンク

こんにちは。このブログ以外にもアダルトブログ他、いくつかのブログ/サイトをやっているウサヘンですよ。

GoogleがHTTPS化したサイトを優遇するよ、という話は以前から知ってましたが、既に存在しているサイトをHTTPS化するのはかなり面倒くさそうだという理由で見て見ぬフリをしてきました。

でも最近新しく始めたブログを色々イジっているときに、今やっておくべきじゃない?と思い立ち、とりあえずこの記事を3つ程度しか書いていないブログをHTTPS化することにしました。

HOSTGATORとワードプレス、どうやってHTTPS化する?

まず、ウサヘンの環境ですが、サーバーはHOSTGATORです。アダルトブログをやっているからね!

 で、加入しているプランはShared/Babyプランというプランですが、HTTPS化するために必要なSSL証明書が無料!というようなサービスはありません。

 SSL証明書を発行してもらうことはできるのですが、ドメイン1つにつき$31.99かかります。しかも1年ごとに更新

う~ん…全然調べていないウサヘンですが、これちょっと高くね?と勝手に決めつけて、他の方法を調べたところ、下記の方法が現状ではベストのようです。

 

  • 無料でSSL証明書を発行してくれるサービスを使う
  • HOSTGATORに10ドル払って無料のSSL証明書をインストールする

 

国内のレンタルサーバーには無料でSSL証明書を発行してくれるところが結構あるのになんとなく1ドメインについてSSL証明書をインストールするのに10ドル払うっていうのは腑に落ちませんが、仕方がない。

とりあえず、この方向で作業してみました。

ZeroSSL:FREE SSLでSSL証明書を発行する

調べたら無料でSSL証明書を発行してくれるサービスがあるじゃないですか!

ZeroSSLというサイトです。

zerossl.com

ここからはZeroSSLとHOSTGATORを行ったり来たりしながらの作業になりますので、手順を1つずつ追っていきます。

自分のための備忘録もかねてね。

まず、ZeroSSLにアクセスし、左側のCERTIFICATION AND TOOLSにカーソルを合わせると下記のような画面になりますので、STARTをクリックします。

f:id:usaohendrix:20180606090051j:plain



すると下記のような画面になりますので、Domainsというところに対象となるドメイン名を入力し、その下にあるチェックボックス2つを両方ともチェックして、NEXTをクリックします。

f:id:usaohendrix:20180605201726j:plain

 

右側にコードが生成されますが気にせずNEXTをもう一度クリック

f:id:usaohendrix:20180605201719j:plain

 

左側にプライベートキーが生成されますので、コピーしておきます。

f:id:usaohendrix:20180605201722j:plain

HOSTGATORのCustomer Portalにログインする

HOSTGATORのCustomer Portalにログインするとこのような画面ですが、SSL Certificatesをクリックします。

f:id:usaohendrix:20180606090104j:plain



クリックしたら一番下までスクロールするとこのような画面になりますので、Installをクリックします。

外部で発行したSSL証明書をインストールするには10ドルかかるよ、ということですね。

f:id:usaohendrix:20180605211116j:plain

 さっきコピーしたプライベートキーをペーストする

こんな画面が出てきますので、真ん中のRSA Private Keyという欄にさっきコピーしたプライベートキーをペーストします。

f:id:usaohendrix:20180605201738j:plain

プライベートキーを貼り付けたら一旦ZeroSSLに戻ります。

※この画面は後で戻ってきて作業することがありますので、閉じないでこのままにしておいてください!

 

ZeroSSLに戻ってNextをクリック

戻ったらNextをクリックすると下記のようにファイルが2つ生成されますので、2つともダウンロードします。

f:id:usaohendrix:20180605201742j:plain

 

ダウンロードした2つのファイルをサーバーにアップロードします。

HOSTGATORのCpanelにログインして、FileManagerをクリックし、HTTPS化するドメインのルートフォルダの下に .well-known/acme-challengeとフォルダを作り、acme-challengeの中に先ほどダウンロードした2つのファイルをアップロードしてください。

f:id:usaohendrix:20180605212834j:plain

あと一息!もう一度ZeroSSLに戻る

ファイルのアップロードが終わったらZeroSSLに戻り、NEXTをクリックするCertificateコードPrivate keyが生成されますので、それぞれをコピーし、再度HOSTGAOTRに戻ってペーストします。

f:id:usaohendrix:20180605201734j:plain

 

貼り付けるのは以下の画面です。

ペーストする欄は3つあるのですが、まず生成されたCertificateコードを一番上の欄にペーストします。

ここで注意ですが、生成されたコードは上半分とした半分で別のコードになってますので、貼り付けた後に下半分をカットして、一番下のSSL CA Certificate欄にペーストします。

真ん中には新たに生成されたPrivate Keyをコピペです。

 

f:id:usaohendrix:20180605202117j:plain

 

f:id:usaohendrix:20180605201728j:plain

問題がなければすれぞれの欄の下にSuccess!と出ますので、Nextをクリックします。

 

10ドル支払いをしておしまい!

f:id:usaohendrix:20180605201731j:plain

これでSSL証明書のインストールは完了です。最後にPay Now!を押して支払いをして終わり。

サイト2か所を行ったり来たりしてちょっと面倒ですが、この手順の通りに作業すれば特に難しいことはないと思います。

アダルトサイトをやる可能性があればHOSTGATORはグッドチョイス

日本国内で借りられるレンタルサーバーはアダルトNGのところが多いので、アダルト系のアフィリエイトサイトをやりたい、とか将来やるかも、みたいな人はアダルトOKのサーバーを借りるのが良いですね。

 ウサヘンが借りているHOSTGATORはいくつかプランがありますが、ウサヘンが使っているShared/Babyというプランでは容量無制限、転送量無制限、マルチドメイン可と機能豊富ですが半年契約すると$7.96/月で利用できます。

なかなかのコストパフォーマンスですね。

今は最初の1月は$0.01というキャンペーンをやっていますので、お得にサービスを利用できます。

ワードプレスも簡単にインストール/セットアップできるのでおすすめです。

 

英語はちょっとね…という人はFUTOKAサーバー

安い方がいいけど何かあったときに海外のサーバーだと英語がちょっとね…という人は国内でアダルトOKのサーバーの定番、FUTOKAレンタルサーバーですね。

HOSTGATORと同等のスペックですが、料金はちょっと高くなりますね。その分日本語でサポートが受けられるのはメリットとして大きいですね。

アダルトがいらないなら国内のSSL無料のサーバーがいいよ

 アダルトサイトをやるつもりはないよ、という人はわざわざ国外のサーバーを借りずに国内のサーバーで無料でSSLが使えるところにしましょう。

定番のエックスサーバー

エックスサーバーは月額900円からのプランもあり、バランスのいいサービスだと思います。

ウサヘンもHOSTGATORにする前はエックスサーバーでした。

無料でSSLを利用できるし、もちろんワードプレスも簡単にインストールできます。

 ロリポップも無料SSL対応!お試し10日間付き!

こちらもメジャーどころ、ロリポップ!ですが、無料SSLが追加料金なしで使えます。

月額500円のスタンダードプランの場合、用量は120GBまで、転送量は100GB/日と制限はありますが、一般的な使い方であれば十分だと思います。

10日間無料のお試し期間がありますので、実際に触ってみて決めることができるのもいいですね。

 

今後は常時SSLが標準になるんでしょうね

というわけでほとんど新規に作ったばかりのブログだったので、その後の設定もそんなに面倒くさい作業ではありませんでしたが、ページ数が多ければ多いほどその後の設定のことを考えると面倒くさいですね。

それでもGoogle様に従わないわけにはいかないんだけれど。